外資系の会社の人事評価ってどんなふうにするの?

外資系の会社は有言実行を評価する

外資系の会社は実力のみが評価されます。その過程よりも結果のみに注目されますが、さらにアピール力も問われます。つまり最初に自分がどんな結果を出すのかを宣言する必要があるというわけです。宣言をせずに結果を出しても注目されないことがあります。そのために、自分をいかにアピールするか、そのコミュニケーション能力も問われることになります。宣言しても結果が出せなかったとしても、特に評価が下がることはありません。日本の企業では不言実行が美徳とされる風潮もありますが、外資系企業に勤めるのであれば自分を常にアピールして、上司の注目を集めることが大事です。その上で結果を出すことによって、高い評価を得られるようになります。

外資系企業の選び方とは

外資系企業では、仕事を与えられるというスタンスでは生き残ることができません。自分からできることや目標を常に探して結果を出す必要があります。そこで外資系企業を選ぶ時には、自分ができることではなくやりたいことがあるかどうかを基準にする必要があります。常に目標を立ててアピールし、評価されるような結果を出せる仕事を探すということです。面接でもその意気込みを求められます。入社したならばどんなことをしたいのか、どれだけの貢献ができるのかをアピールすることが大切です。このように常に自分から何かしらの情報発信をすることで、高い評価を得ることにつながります。上手くいかなかったら、あるいは成果が出なかったらどうするかといった不安は不要です。

英語で履歴書を書く場合は、1枚、2枚でおさまるように書きます。基本的に学歴、職歴、能力などの情報は箇条書きにして、自分の能力は謙虚に書かず、しっかりと自己PRをして書くと印象を残す事が出来ます。

© Copyright Foreign Workingplace. All Rights Reserved.