外資系の会社の働き方って普通の会社と違うの

外資系では社内は英語が必須?

外資系の会社で働く上で気になるのが英語力です。
日本にありながら、社内では英語を使用しているのでしょうか。
結論から言うと、ほとんどの外資系の会社では社内で英語を使用する頻度が高くなります。
外資系でも日本人社員の割合が外国人スタッフに対して高い会社がほとんどですが、上司はその会社の母国の外国人であることが多いです。
そのため、上司への報告や会議そして社内メールなどは英語を使用してコミュニケーションを取る必要があります。
このような理由から、外資系の会社では採用試験の際に英語で面接をすることが多いです。
ビジネス英語に磨きをかけたい、将来は海外で働けるくらいの英語力を身につけたいと思っている方は、まずは日本にある外資系の会社で働いてキャリアアップにつなげるという選択肢もあります。

外資系の会社は日本の会社に比べてフレキシブル

外資系の会社は日本の会社に比べて成果主義のスタイルを取っている会社が多いです。
日本の会社だと成果だけでなく、そこまでのプロセスを加味して評価をされますが、外資系の会社は結果が良ければ良しとする文化があります。
そのため、会社に出勤する時間帯も個人が最適なパフォーマンスを発揮できるのであれば会社は細かく指摘をしないことが多いです。
良く言えばフレキシブルですが、これはあくまで成果を残すことを前提にしています。
また、在宅ワークを積極的に取り入れている外資系の会社も多いですが、これは本国との電話会議などが発生することが多いためです。
例えばアメリカに本社がある会社だとアメリカにいる上司との会議をする場合、日本では深夜になることもあります。
深夜に会社に出勤することは難しいため自宅などで電話会議などを行っていることが多いです。

© Copyright Foreign Workingplace. All Rights Reserved.